一般社団法人SAVE TAKATAは、陸前高田市の
教育支援活動を行なっています。

子どもたちの「やってみよう」に
「てこ」入れしよう。

私たちの街、陸前高田では、
震災による人口移動と若年層の流出により、人口減少が進んでいます。
10代後半~20代前半の8割が進学・就職などを機に地元を離れ、
その多くが地元に戻ることはありません。
地域のために貢献したいという想いを持つ子どもたちもいるのですが、
彼らが地域と関わる機会、また地域で多様な生き方ができることを知る機会、
そして挑戦する機会は限られてしまっています。

子どもが大きな問題に直面したとき、
小さな力しかない自分には何もできないと立ち止まってしまうかもしれません。
子どもが何かに挑戦することで、自分自身だけでなくこのまちにも、
様々な変化を生み出せるのではないかと私達は考えています。
子どもが一歩踏み出せるしくみがあれば、
挑戦してみようと思えるのではないでしょうか。

てこの原理は、大きなものを小さな力で動かすことができるしくみです。
子どもの「やってみよう」という気持ちを応援したいから。
挑戦することをあきらめてほしくないから。
私達は子どもの小さな力を大きな力に変えるしくみになり、
子どもと陸前高田の可能性を広げたいと考えています。

てこのしくみ

子どもたちが、 “やってみたいコト”“自分自身の将来”“陸前高田の未来”に向けて自ら行動する力からスタート。てこの原理でいう「力点」にあたります。その実現に向けて一緒に考え、 “授業支援” “課外支援” “体制作り”で協力するのが私たち大人の「支点」の役目。それによって 「作用点」の“子ども自身の将来”“やってみたいコト”、“陸前高田の未来”の可能性が動き出し、実現します。これが私たち「てこ」のしくみです。

活動その1

授業支援

総合学習を軸とした職業体験やキャリア教育の支援を行い、市内の大人子どもを交流させる機会を提供し、子どもたちに自身の将来にいろんな可能性があることを感じさせます。
そのほか修学旅行や文化祭などの行事支援、プログラミング授業、防災についての授業のコーディネートを行い、子どもたちの視野を広げます。

活動その2

課外支援

そんな子ども達と何ができるのかを一緒に考え、子ども達がやりたいことをサポートします。「無理だと思っていたことができた達成感」や「できなかったことから得る学び」など、子ども達の自分発信のモチベーションを高めます。
そんな子ども達と何ができるのかを一緒に考え、子ども達がやりたいことをサポートします。

活動その3

体制づくり

市内の大人だけでなく、市外の大人に教育に関わる機会を提供し、陸前高田の子どもたちの視野が広がる体制を作ります。

活動年表

●2018.04.22 課外活動 FACE企画ゆめたかウオークラリー
●2018.04.28-05.05 課外活動 臨時観光案内窓口中学生参加
●2018.06.06 陸前高田市立高田第一中学校とSAVE TAKATAによる教育協定書締結
●2018.09.23 高田一中2学年PTA行事 ハザードマップまちあるき
●2019.02.27 高田一中2学年外部講師授業「Youは何しに陸前高田へ?」
詳細年表

最新のお知らせ

最新のお知らせはFacebookで更新しています。

「てこ」入れ隊、募集!

テコ入れ方法その1

寄付で「てこ」入れ隊

「子どもと陸前高田の可能性を広げる」ための、子ども達への授業や課外活動支援に、ご寄付で「てこ」入れ。授業に関わる備品や課外活動の費用として活用させていただきます。

●銀行へのお振り込みで寄付
銀行名:気仙沼信用金庫
支店名:高田支店
口座番号:普通 2011912
口座名義:シヤ)セーブタカタ(一般社団法人SAVE TAKATA 代表理事 佐々木 信秋)
※振込依頼書控え以外に領収証が必要な場合にはお手数ですが事前にinfo@tecoire.orgまでご連絡をお願いいたします。事後のご連絡の場合には発行ができない場合がありますのでご留意をお願いいたします。
※インターネットバンキング/モバイルバンキングもご利用いただけます。電話振込などに使用する銀行コードは1175店番号は009です。

●古本で寄附
チャリボンはご自宅で眠っている、いらなくなった古本を社会貢献団体へ寄附として提供出来る仕組です。
チャリボン詳細 : https://www.charibon.jp/about/

●クレジットカードまたはTポイントで寄附
Yahoo!募金のサービスを活用し、クレジットカードまたはTポイントで寄附ができます。単発、または継続のどちらも受け付けております。

●つながる基金で寄付
Softbankのスマホなら、携帯料金と一緒に簡単にご寄付いただけます。
それ以外の方は、クレジットカードでのお支払いも可能です。

テコ入れ方法その2

人材で「てこ」入れ隊

寄付だけでなく、技術のご提供や活動への参加で、「子どもと陸前高田の可能性を広げる」ための「てこ」入れを行うことができます。
例えば…
・ICT教育としてプログラミング授業に技術協力する。
・自分の人生を高田の子ども達に語る。
・職業体験、職場見学に子ども達を招待する。
上記以外の「CSRとして何か協力できることはないか?」「自分の子どもの教育に関わりたいけどどうすればいいんだろう?」という方も、一緒にどう「てこ」入れするか、当法人のスタッフが共に考えます。お気軽にお問い合わせよりご連絡ください。

本事業では子ども達の可能性を広げるため、様々な機会提供をして下さる方を「てこ入れ隊」と呼んでおり、参加者を随時募集しています。例えばボランティア活動に子ども達と一緒に参加して下さったり、現在のお仕事の話をして下さったりと、活動内容は様々です。
参加をご希望の方は、下記のフォームより情報をお寄せください。
フォーム入力以降、メーリングリストに登録させていただき、随時参加の機会をご案内いたします。
てこ入れ隊に参加する

テコ入れ方法その3

ふるさとチョイスで「てこ」入れ隊

「思いやり型返礼品」とは、寄附をすることで「自分のためでなく誰かのためになる」返礼品や、「社会貢献に繋がる」返礼品のことです。岩手県陸前高田市では2019年より開始しました。
寄附者様には年度末をめどに活動報告書を送らせていただきます。ふるさと納税で陸前高田市の子ども達を応援してみませんか?

お問い合わせ

電話:0192-47-3287/FAX:0192-47-3289

「てこ」の活動に関するお問い合わせ、ご依頼、取材などのご連絡は電話、FAX、または下記メールフォームからお願いいたします。

●メールフォーム